top of page

XPANDコード、情報デザインの国際賞「IIID賞」を受賞


XPANDコード、IIID賞を受賞 当社の製品「XPANDコード」が、情報デザインを専門とする国際賞「IIID賞」を受賞しました。 情報デザインの世界において、この受賞は大きな評価であり、XPANDコードの今後の成長に対する信頼を高めるものとなるでしょう。

IIID賞について

IIID賞(トリプルアイディー・アワード)は、情報デザイン分野における優れたアイデアと実践を表彰するための賞で、2011年から3年ごとに開催されています。

オーストリアの情報デザイン国際研究所(International Institute for Information Design)が主催し、全世界から集まった情報デザインのプロフェッショナルたちが審査を行っています。 2023年が5回目の開催で、世界中の情報デザインが一堂に会する場として、業界から高い評価を得ています。


XPANDコードへの評価

今回は「XPANDコードは、物理空間とインターネットのギャップを埋め、美しくリンクする」というコンセプトを訴求しました。その結果「Products and Services」部門にて高く評価されました。

XPANDコードが提供するこのユニークな概念は、情報と現実世界を直感的に繋げる新たな方法を提供し、その意義がIIID賞の受賞という形で国際的に認知されました。


ウィーンでの授賞式と世界各地の巡回展示 授賞式は去る5月26日にオーストリアのウィーンで行われ、当社も事前収録形式でリモート参加しました。今年の秋から2025年にかけて、受賞作品の巡回展示が世界各地で開催される予定です。 この展示は、XPANDコードをはじめとした受賞作品の価値と意義を広く世界に伝える素晴らしい機会となることでしょう。

XPANDコードの更なるグローバル展開に向けて

今回のIIID賞受賞は、XPANDコードの更なる認知拡大を目指すための重要な一歩ととらえています。

当社は、この受賞を機にXPANDコードの国内外での活動を一層強化し、その可能性をさらに広げていくことを目指しています。この重要なステップを踏み出すことで、XPANDコードの持つ革新的な概念が、より多くの人々と組織にとって有益なツールとなることを期待しています。



コメント


bottom of page