top of page

【銀座探索 - 銀座生物多様性博物館】都会のオアシスで出会う美しい飛行芸術家、アゲハチョウ

更新日:2023年4月23日


アゲハチョウの魅力と特徴

アゲハチョウ(学名:Papilio xuthus)は、その美しい姿から多くの人々を魅了するチョウの一種です。黒と緑がかった褐色の地に、翅に入る黄色い帯が特徴的で、尾状突起があることから、英語では「Swallowtail」と呼ばれています。また、アゲハチョウは都市部にも生息しており、銀座周辺での観察も十分可能です。



銀座でアゲハチョウに出会える場所

銀座周辺でアゲハチョウを観察することができる場所はいくつかあります。公園や緑地の他、ビルの屋上庭園でも良く見かけることがあります。また、アゲハチョウはミカン科の植物を好むため、これらの樹木が植えられている場所を訪れると、出会う確率が上がります。


アゲハチョウのライフサイクルと見頃

アゲハチョウは年に2〜3回発生し、成虫が飛び交うのは春から秋にかけてです。特に春先の4月〜5月や、夏の7月〜8月が見頃とされています。ちょうど今は楽しめる時期です。成虫は花々から蜜を吸い、植物の葉に卵を産みます。幼虫は成長するとサナギとなり、やがて美しいアゲハチョウに成長します。


びっくり3D博物館のARでもアゲハチョウを観察しよう

もし、銀座周辺でアゲハチョウに出会うことができなくても、びっくり3D博物館の中の「銀座生物多様性博物館」でAR機能を利用すれば、目の前でアゲハチョウを観察することができます。リアルな3Dモデルがあなたのスマートフォンを通じて現れるため、まるで実際のアゲハチョウを見ているかのような感覚を味わうことができます。ぜひ、びっくり3D博物館を利用して、銀座の街中でアゲハチョウを楽しみ、生物多様性について学びましょう。



Comments


bottom of page