top of page

【銀座探索 - 銀座生物多様性博物館】銀座さくら通りを彩るカンザン - 都会のオアシスに咲く美しい花々をARで楽しもう

更新日:2023年4月30日


カンザンの特徴と見どころ

カンザンは、鮮やかなピンク色の大輪の花が特徴的な桜の一種です。花びらの数が多く、豪華な見た目が特長であり、春の風物詩として多くの人々に親しまれています。また、カンザンは病害虫や環境変化に強い強健な品種であり、庭木や公園などでよく植栽されています。花は塩漬けにして食用に供されることもあります。


ソメイヨシノとカンザンの違い

日本で代表的な桜であるソメイヨシノとカンザンは、見た目や開花時期に違いがあります。ソメイヨシノは、淡いピンク色でシンプルな花で知られ、開花時期は3月下旬から4月上旬です。一方、カンザンは、濃いピンク色で花びらの数が多く、開花時期はソメイヨシノよりも少し遅く、4月中旬から下旬にかけて見頃を迎えます。


銀座さくら通りでのカンザンの見頃

銀座の北の端を通る「銀座さくら通り」では、名前の通り桜が植えられており、春になると多くの観光客や地元の人々で賑わいます。特にカンザンは、銀座さくら通りに植えられている桜の中でも目立つ存在で、美しいピンク色の花が都会のオアシスを彩ります。見頃は4月中旬から下旬で、散歩やお花見にぴったりです。


ARでカンザンを楽しむ

来年の春まで待たなくても、銀座生物多様性博物館が提供するAR技術を利用すれば、いつでもどこでもカンザンの美しい花を楽しむことができます。スマートフォンやタブレットを通じて、現実世界に重ねて表示される花々を眺めることで、まるで本物の桜を見ているかのような感覚を味わうことができます。



Commentaires


bottom of page